JIMBOCHO ONLINE

カレー

神保町「満点カレー」は昭和の雰囲気が漂う、味もコスパも「満点!」なお店

神保町のカレーといえば、学生時代にお世話になった「満点カレー」を挙げる人も多いという。
30年以上も前から金のない学生たちの心と体を満たしてきた。

そんな話を聞いてお昼前に向かったが、既に行列ができていた。
いまだに昭和の雰囲気が残る裏路地。あたり一面に漂う「香ばしい♪」カレーの臭い。

満点カレー

期待感に胸膨らませながら行列に並ぶ。
店頭にでんと構えるガラスの商品ケース。

料理サンプル並ぶこと約15分。やっと店内に入ることが許された。

満点カレー

話に聞いていた頑固なオヤジさんの姿はそこにはなく、若いスタッフが元気に店を切り盛りしてしている。

満点カレー
イケメンスタッフたちが、明るい声で気持ちのいい応対をしてくれる!
先客の明大現役応援団らしき人たちとフレンドリーに話していた。(壁には応援団の記事が)

満点カレー

頼んだのは、一番人気のカツカレー650円。
ワクワクしながら食べてみると….う、旨い!!!
スパイシーだが辛すぎない。
揚げたての豚カツに、キーマ同様のひき肉カレー。
両者がからみ合って絶妙なハーモニー。

満点カレー

福神漬けを途中で挟みながら、スプーンが進む♪
ちっちゃい、アイスコーヒーが付くのも嬉しい♪

満点カレー
ひき肉の入った、まんてんのカレーは中毒性があるという人もいるが、まさにその通りで、食べてる最中にもまた行きたいと思う。

カレー(並み)は、な・ん・と500円。
初の満点カレーを言い訳にカツカレーを食したが、血圧のためにも次回はカツへの欲望を抑えなければならない。

満点カレー

外に出ると、さらに行列が伸びていた。
令和の時代に「昭和の郷愁」を感じることができる貴重なお店だ。

満点カレー

 

まんてん

東京都千代田区神田神保町1丁目54
電話: 03-3291-3274

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shin

縁あって「神保町」という街がワーキングプレイスになったシンです。 本好きにはたまらない古本の街、「神保町」。 私はどちらかというと花より団子で、食文化に興味を惹かれますが、 その要望にもきっちり応えてくれる街です。 仕事おわりに街を徘徊すると、懐かしい昭和の面影が心を和ませてくれます。また多くのネット民たちがアップしている写真にも癒されます。 私も「神保町」に興味のある人にリアルな情報をお届けしていきます。

  1. 【神保町 三幸園】背徳のエビチャーハン850円が旨い!

  2. 神保町でラム肉のランチなら「ラム・ミート・テンダー」のラムライス1000円がおすすめ

  3. 神保町のインドカレーでおすすめは【SANGAM ‐サンガム‐ 神保町店】

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP