JIMBOCHO ONLINE

昭和・レトロ

ちんどんやさんが神保町に現る

本日3時過ぎ、眠気をこらえてパソコンと格闘していると、

「ピーひゃららー、ちんちんドンドン」と、なんとも懐かしい音が聞こえてきた。

覚醒~!

ダッシュで見に行くと、軽快なリズムを奏でながら着物を着た3人のお姉さんがチラシを配っている。

「チンドン屋さん」だ。

『チンチン・ドンドン・チンドンドン』と鳴らすなどして人目を集め、その地域の商品や店舗などの宣伝を行う日本の請負広告業の一類型である。  引用:ウィキペディア

「おお!」と声が漏れる。一気に街が昭和になっている。

目立ってはいるが、「神保町のすずらん通り」には、妙にとけ込んでいるのがいい。
気さくなお姉さんたちは、写真も快く撮らせてくれた♪

素敵な笑顔で!

ちんどんや

集まった人達もみんな笑顔だ。
ちんどんやさん!こんな昭和のなつかしさを、どうもありがとう!

配っていただいたチラシはこちら。

やきとりおきらく
「やきとりおきらく 神田神保町店」一応、宣伝しておきます。

やきとりおきらく 神田神保町店
東京都千代田区神田小川町3-11-7 エスペランサ神田小川町 1F
TEL:03-3295-9433

 

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shin

縁あって「神保町」という街がワーキングプレイスになったシンです。 本好きにはたまらない古本の街、「神保町」。 私はどちらかというと花より団子で、食文化に興味を惹かれますが、 その要望にもきっちり応えてくれる街です。 仕事おわりに街を徘徊すると、懐かしい昭和の面影が心を和ませてくれます。また多くのネット民たちがアップしている写真にも癒されます。 私も「神保町」に興味のある人にリアルな情報をお届けしていきます。

  1. 神保町で麺屋武蔵のちゃあ重(鰻重に見立てた蒲焼チャーシュー丼)800円がめちゃ旨い。

  2. 神保町の居酒屋なごみのサバの塩焼き定食850円が美味しい!

  3. 神保町しちふくのランチがコスパ最高【絶品唐揚げ&ハンバーグがおすすめ】

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP