JIMBOCHO ONLINE

ランチ

森のブッチャーズ でビーフステーキ1000円のランチをがっつりいただく

今日は、肉をがっつり食うぞ~ということで、初めて、森のブッチャーズに並ぶ(AM11:30)
前から気になっていた、ビーフステーキプレート一択!
森のブッチャーズ

一階席の一番奥のカウンター席に通される。
この席からは、グリルで肉を焼く所が見える。
森のブッチャーズが、店内が、だんだん煙たくなってくる。
煙たい~~!
煙が目に染みつつ、BGMのオールディーズを聴いているとジョッキに入った水と、温かいスープがでてくる。

旨いスープ(コンソメ?)を飲んでいると、ビーフステーキプレートが前方から、すーっとでてくる。

木のプレートに盛られたビーフステーキ、素揚げのチキン、フライドポテト、グリーンサラダが目にも鮮やかだ。
森のブッチャーズ

グリルで焼かれた ビーフステーキプレート 1000円(税込)

塩コショーのみのシンプルな味付け。豪快に肉を食らう感じが良い。
グリルで焼かれたビーフは食べ応えがある。
お昼からお肉をがっつり食べたい人におすすめ。

チキンは身がジューシーで旨味たっぷり。カリッとした皮がまたいい感じ。
フライドポテトは油っこいので、残そうと思ったが、ついつい、完食。。。
高血圧が心配。。。

サフランライスも完食。
満足して、店をあとにした。

店を出るころには、行列ができていた。12時前の早い時間帯の入店がおすすめ。
エネルギーをチャージして午後からも頑張ろうという方におすすめ。
豪快なランチだが、意外に胃にもたれないのが良い。

森のブッチャーズ 
住所:東京都千代田区一ツ橋2丁目6-5
電話:03-6261-4610

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shin

縁あって「神保町」という街がワーキングプレイスになったシンです。 本好きにはたまらない古本の街、「神保町」。 私はどちらかというと花より団子で、食文化に興味を惹かれますが、 その要望にもきっちり応えてくれる街です。 仕事おわりに街を徘徊すると、懐かしい昭和の面影が心を和ませてくれます。また多くのネット民たちがアップしている写真にも癒されます。 私も「神保町」に興味のある人にリアルな情報をお届けしていきます。

  1. ちんどんやさんが神保町に現る

  2. 東京NO.1の讃岐うどん、神保町「うどん 丸香」は釜玉うどんカルピスバターもおすすめ!

  3. 邪気とは?邪気払いの効果的な方法とは?

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP