JIMBOCHO ONLINE

カレー

神保町で80年代J-POPを聴きながらスープカレーを食べるなら「オードリー」がおすすめ

レトロな外観ゆえ、お店の前を通るたびに
気になっていた「オードリー」

オオドリー

レトロ調な看板。看板の書体も気になるがお店のディスプレーも気になる。(手作り感満載)

オオドリー

オオドリー

Googleで口コミも見ても、いい店か、どうかがイマイチよくわからない。
そんな時は行動あるのみ、という訳で前から気になっていた「オードリー」に突撃してみた。

オオドリー古い『アサヒ芸能新聞』が飾ってあり、なんともレトロな雰囲気。

オオドリーオオドリー
座ったカウンターテーブルの目の前に置いてある『カレーライス進化論』をペラペラめくる。
そしてBGMで流れてくる懐かしの昭和の曲に浸る。
これ、リアルタイムで「ザ・ベストテン」で観たよな~という曲ばかり。

「異邦人」久保田紗季
「迷い道」渡辺真知子
「雨音はショパンの調べ」小林麻美

あああ、懐っつかしい~♪

続いて「ミスターサマータイム」サーカス

大人な雰囲気がいいんだよな~って浸っていると、スープカレーがでてきた。

『スパイス赤スープ チキンのカレー 骨付 1,100円 辛さ3』 ライスはおかわり自由。

オオドリー

スープ状のカレー、ごろっとした野菜&柔らかな骨付きチキンとご飯という、シンプルなメニュー。
スープカレーとご飯を「80年代の歌謡曲」を聴きながら交互に口に運ぶ。

「哀愁のカサブランカ」郷ひろみ
「メモリーグラス」堀江潤
と懐かしの歌謡曲が流れ続ける♫

身体に優しい感じのスープカレーだ。しみじみ旨い。

懐かしの80年代Jポップで気持ちも癒され、お腹も満たされたので、店をあとにした。
ここのカレーは素材の味を大切にしているのか、あっさりしている。
消化が良く、夕方になると小腹がすいたので…。
結局コンビニでチーズスフレを買ってきて、バクバク食べてしまった。
結果的に、血圧が上がったんちゃーうん
と後悔…。

明日こそは、血圧を抑えるランチにするぞー。
と心に誓う。

鴻(オオドリー)
東京都千代田区神田神保町1-25
TEL:03-5280-9211

営業時間:11:00~14:30 17:00~23:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
Shin

縁あって「神保町」という街がワーキングプレイスになったシンです。 本好きにはたまらない古本の街、「神保町」。 私はどちらかというと花より団子で、食文化に興味を惹かれますが、 その要望にもきっちり応えてくれる街です。 仕事おわりに街を徘徊すると、懐かしい昭和の面影が心を和ませてくれます。また多くのネット民たちがアップしている写真にも癒されます。 私も「神保町」に興味のある人にリアルな情報をお届けしていきます。

  1. 【神保町 三幸園】背徳のエビチャーハン850円が旨い!

  2. 神保町でラム肉のランチなら「ラム・ミート・テンダー」のラムライス1000円がおすすめ

  3. 神保町のインドカレーでおすすめは【SANGAM ‐サンガム‐ 神保町店】

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP